レイクで増額|申込前に知っておく事

point1

新生銀行カードローン「レイク」でキャッシングの審査を受けると利用者が無理のない様に限度額を決めます。しかし、初回の限度額は低めに設定されるので、その限度額では足らなくなる事もあり「限度額を増やす事はできないのかな?」と考える利用者も少なくありません。そんな時「レイク」に増額を申し出ると、限度額を増やしてもらう事も可能です。ただし、増額をしてもらうには、いくつかの条件をクリアしなくてはならないので、何がポイントになるのかを知っておく必要があります。

 

増額する方法はふたつ

migikataagari

増額をして貰う方法は2通りあります。

  1. ひとつ目は、「レイク」から「増額できますよ」と言う案内が来る場合
  2. もう一つは自分の方から増額を申込む方法

どちらの場合も、基本的には優良顧客として見てもらえるようになる事です。

「レイク」で契約が成立した時は、どういう顧客なのか判断がつきません。もしかしたら、あまり利用してくれないかもしれないし、借りたとしても無事完済が出来るかどうかもわかりません。そう考えると、大きな金額の融資は簡単に出来るものではありません。

しかし、あなたが、継続的に借入をし、しっかり返済を続けていれば「レイク」は、あなたが優良顧客と判断することができます。

また、レイクから勧誘がなくても、半年から1年、継続的な借入と事故無く返済を続けていれば増額申請がこちらから出来るようになります。「レイク」のフリーダイヤルに電話を入れて増額が可能かどうかの問い合わせが出来ます。もし、増額できる状態なら、増額審査を受けて限度額を増やしてもらう事が出来ます。

ただし、増額が可能かどうかの判断は、あくまで「レイク」の審査で決まりますので申込をすれば必ずかなうというものではありません。

 

増額審査のチェックポイント

「レイク」からの増額案内は申込みができるというだけです。申込みの後には審査がありますから、案内があってもなくても必ず通るというものではありません。場合によっては、案内があった場合でも審査結果によっては、断られる可能性もあります。

ではこの審査では何をチェックしているのかという事になりますが、最初に申込者が継続的な利用している人かどうかを確認した後、初回申込時に行ったのと同じような審査が行われます。当然利用限度額が増える事になるので、審査は厳しくなります。

特に注意が必要なのは、初回申込書に記入した内容に変化が有る事です。たとえば、利用限度額が少ないため、他の金融機関からも借入をしてしまったと言う場合や、勤務先が変わってまだ間がないという事が有れば、「レイク」の評価は大きく下がってしまいます。もし返済能力の評価が申込時よりも下がってしまった場合、増額をしたいのに限度額の減額になってしまったという事もあります。

また「レイク」の返済を問題なく続けていたとしても、それだけでよいというわけではなく、審査では電話や携帯料金などの支払状況も調べます。例えば公共料金や携帯料金の滞納などがあれば、それは信用情報に記載されてしまい、評価が下がってしまいます。増額を目指すなら「レイク」だけの返済だけでなく、どんな支払いも慎重に行わなければなりません。

もう一つ増額できないケースとして、収入が伴っていないという場合もあります。「レイク」は新生銀行のカードローンとして事業を行っているので、消費者金融にあるような総量規制は有りませんが、限度額の決定には収入が関係します。いくら銀行カードローンと言っても、せいぜい年収の半分程度と考えておきましょう。

 

増額の申込方法

4「レイク」の増額は「レイク」から案内が来る事になっていますので、まずは案内が来るのを待ちましょう。
 

○会員ページで案内

会員専用ページから振込みなどを利用している人は、この会員専用ページに増額の案内ページへのリンクが現れるようになります。このリンクをたどって増額の案内が確認できますし、そのまま申込みもできる筈です。

○ATMで案内

ATMを利用する時に操作画面を見ると、いつも利用しているボタンのほかに、増額案内のボタンが現れます。見落とすことはないと思いますが、一応6か月程度利用したらATM利用時は注意して画面を見るようにしてください。

○フリーダイヤルで確認

「レイク」ではフリーダイヤルから問い合わせができます。フリーダイヤルから自分が増額の申込みができるのかどうかを確認することができます。ATMも会員専用ページも利用しないという人はこの電話を利用しましょう。

申込める状況であれば、そのまま「増額を申込みます」と言う事を告げて、増額の審査をしてもらうことができます。

 

増額した時のメリット

増額で利用限度額が大きくなればなるほど、金利は低くなっていきます。このため増額する事は、利用限度額が増えるだけではなく、それに伴って金利が下がるというメリットがあります。

たとえば、限度額100万円の場合、適用利率は15.0%~18.0%ですが、100万円~200万円の場合は、12.0%~15.0%になるので、限度額が多くなればなるほど支払う利息は少なくなります。

ですから増額の案内が出ている場合、減額される可能性があるという場合を除いて、増額の申込みをする事をおすすめします。