増額できるのはいくらまで?

新生銀行カードローン「レイク」は人気のある銀行カードローンで、銀行カードローンの中でも比較的敷居の低いカードローンとして人気が有ります。

「レイク」を利用していると、「現在の限度額が少なく、すぐ一杯になってしまうので限度額を増やせないかな?」と思う時が有ります。そんな時は増額する事で、今の限度額を増やすことが出来ます。

 

増額するには

増額を希望する時は、最低でも半年以上継続して利用していることが重要で、「レイク」は利用状況を常に把握しているので、増額してもよいという利用者には、増額案内が出されます。増額の案内は「レイク」の会員ページからでも確認できますし、登録メールへ案内があったり、ATMでも増額の案内があったりします。

最も簡単な方法は、専用ダイヤルへ電話を入れて、増額が可能かどうかを相談し、増額可能であればそのまま、増額申請をする事も可能です。ただ、いきなり申込をして増額してもらえる可能性は低くなります。

せめて、

  • 半年以上は継続的に利用し、返済に延滞や遅延を起こしていない。
  • 積極的に繰り上げ返済を行う
  • 多めの金額を「借りては返す」を繰り返す
  • 他社の借入れが有るときは減らしておく

という事が重要です。

 

レイクの増額はいくらまで増やせる?

レイクの貸付条件で利用限度額は1万円~500万円となっており、満20歳~70歳までの人なら融資を受けることができます。融資限度額は、申込者の信用状況や収入などの返済能力によって決まるので、500万円の借入れを希望しても、10万円しか借りられないということもあります。

消費者金融の場合、限度額は年収の3分の1以内となりますが、「レイク」の場合、銀行カードローンなので年収による制限はありません。だからといっていくらでも借りられるという訳でもなく、増額の範囲は、利用者の状況に応じて決まります。

例えば、同じ限度額が20万円の人が複数人いても、ある人は10万円、別の人は20万円の増額ができたという事になります。銀行カードローンのサイトで、ある銀行カードローンは年収の2分の1まで増額できた、と言う書き込があったので、「レイク」もそれと同じとは言えませんが、参考にしても良いのではないでしょうか。