増額申請と他社借入どちらを選ぶ?

キャッシングで借りられお金は限度額が決められています。初回に決められた限度額は少ないので、限度額を増やしたいと思っている人も少なくありません。「新生銀行カードローン「レイク」でも増額申請は出来るので、増額審査に通れば限度額を増やす事が可能です。
 

4ただ、借入金額を増やすためには、今の限度額を増やす方法と、他社へ新規借り入れをする方法もあり、基本的にどちらでも借入金額を増やす事は可能です。

 

増額するための条件

限度額を増やすためには、増額審査を通過する必要があります。増額審査は、新規契約時と同様に、増額してほしい人の信用度が問われることになります。

増額審査の最大のポイントは返済状況となります。具体的には、クレジットカードのキャッシングも含め、すべての返済実績に遅延や延滞がない事や、「レイク」での利用実績も含めて、半年以上は延滞の履歴がない事が重要になります。

増額は、これらの条件を満たしていれば、高い確率で限度額を増やす事ができます。

 

増額にみるデメリット

堅実な返済を続けている人にとっては、何の問題もない増額申請ですが、メリットばかりでなく、デメリットとなる点があります。増枠審査は、新規契約時に比べ入念に調査されるので、2~3日程度の審査時間が必要なので、すぐに借入れをする事に無理が有ります。

最もデメリットになるのが、審査に落ちてしまった場合、限度額の減少や一定期間の利用停止という事もあるので、増額申請は、慎重に検討する必要があります。

 

増額より他社借入にメリットがあるという理由

増額に関する情報を見ると、増額より新たな借入を目指す方がより確実、という書き込が見られます。「新規でお金を借りること目指したほうが確実であり、10万円程度の借入なら、最短即日で借入できるのがメリットです。」と書かれているサイトも見られます。

確かに、新規借入は簡単にお金が借りられますが、信用情報機関の個人情報は複数社の借入状況になり、悪くすると住宅ローンなどを申込む時に弊害となる場合が有ります。

もし、緊急で他社借入をする時は、そのカードローンが不要になった時、今後の為にもすみやかに完済を済ませ、解約しておく事が重要です。